益若つばさ、織姫と彦星に「1年に1度『また逢える』って実は幸せ」

 益若つばさが、七夕について思いを語っている。


 7日、ブログを更新した益若は、「今日は七夕だね。織姫様と彦星様は逢えたかな?」と切り出すと、「息子も天の川どこかなぁー。と小雨の中お空を見上げて探してたよ」というコメントと共に、長男、りおんくんが夜空を見上げる後ろ姿を写した写真を公開。しかし、雨だったことから天の川は見えなかったよう。「空の上では逢えてたらいいね」と願いを送った。


 さらに、織姫と彦星について、「1年に1度しか逢えないけど、1年に1度「また逢える」って実はすごい幸せなことなんじゃないかな」と持論を展開。「一生ずっと一緒にいるなんて当たり前じゃないことだから、大事な人に「またね」と言えるように日々相手を大切にしたいな」としている。


 益若のロマンチックな考えにファンからは、「読んだら泣けてきたよ」「りおんくんと一緒にお空を見上げた…心温まるエピソードです」といったコメントが寄せられている。


■関連リンク

益若つばさのブログには長男、りおんくんの願いごとも

私服もたびたびブログで公開している益若

「おフェロメイク」のポイントを紹介している記事


※画像は、益若がりおんくんと撮影した写真(益若つばさオフィシャルブログより)

Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。