森三中、大島美幸が第一子を出産したことを、夫の鈴木おさむが報告

 芸人の大島美幸(森三中)と、放送作家の鈴木おさむ夫妻のもとに、第一子が誕生したことを、鈴木が報告した。


 22日朝に、出産予定日より10日すぎているが「ハリがたらないのとまだ下に降りてきてない」と言われていたため、「あと数日で産まれてこないと、入院になると言われまして」とブログで報告していた鈴木。


 だが、その後「病院でいろいろとやっていたら、まさかの陣痛がいきなり来て、陣痛時間は3時間ほどのかなりの安産でした」と、朝のブログ更新の後に、そのまま出産に至ったことを綴った。


「産んだ子供を見たときに、妻は泣いていました。嬉しくて泣いていました」と出産直後の様子を記し、自身の思いも「この言葉を僕の人生で初めて、心から使えます。我が子が妻の体から出てくる瞬間 奇跡」と表現。


 また、出産には大島の相方である黒沢かずこと村上知子も立ち会っていたことが報告された。


■関連リンク

出産の感動を伝える鈴木のブログ

出産日の朝には、まだ陣痛はないと報告していた


※画像は、大島美幸と生まれたばかりの赤ちゃん(鈴木おさむオフィシャルブログより)

Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。