映画「海街diary」綾瀬はるか、長澤まさみら浴衣姿でヒット祈願

 吉田秋生原作の映画「海街diary」の大ヒット祈願イベントが9日、鎌倉、長谷寺にて開催され、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが浴衣姿で登壇。劇中に登場する梅酒にちなんで特製梅ジュースで鏡開きをし、寺を訪れた観光客にふるまった。


 同映画の撮影地である鎌倉でのイベントに、綾瀬は「クランクインした頃も紫陽花が咲いていた季節だったので、またこうやって来ることができて嬉しいです」とコメント。


 劇中でも着用した浴衣について、夏帆は、「帯は衣装さんのてづくりなんです。千佳の役柄にぴったり」と、個性的な帯をアピール。広瀬は、浴衣で花火をするシーンを振り返り、「みんな自然におしゃべりしたり、動き回ったりしていて、監督もそんな自由な姿を撮ってくれていたのですごい楽しかったです。」と語った。


 4人が揃うのは、カンヌ国際映画祭でレッドカーペットを歩いて以来。記者陣から同映画祭での思い出を求められると綾瀬は、「はじめて行った場所で、空気感も違うし、映画に対する情熱を感じる場所でした。温かい拍手もいただいて、とても刺激的で、忘れられない日々になりました」と、しみじみ振り返る。一方、昨年も同映画祭を訪れた長澤は「去年はコンペティションで参加したいという目標があったので、四姉妹で行くことができて、本当に良い思い出となりました。カンヌは頑張る人を応援してくれる場所です。いつかまた行けるよう頑張ろうと思いました」と今後に意欲を見せた。


 最後に綾瀬は、「4姉妹が本当の家族になるまでの一年間を丁寧に描いています。本当に家族っていいなと、とても心が温かくかくなる気持ちの良い作品です。是非大切な方と観てほしいです」と、同映画をアピールした。


『海街diary』

2015年6月13日(土) 全国ロードショー

©2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

配給:東宝 ギャガ


■関連リンク

同映画祭の思い出を語った広瀬すずのブログ

同映画に出演している鈴木亮平のブログ

同映画の試写会に参加した女優、角島美緒はブログで「4姉妹がね、ひとりひとり本当に素敵なのよ」と感想を




Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。