AKB48高橋みなみが、トークアプリ755で総選挙を振り返る

 6日に福岡で行われた「第7回AKB48選抜総選挙」。現在AKB48の総監督をつとめ、今年末に卒業することを発表している高橋みなみは、最後の総選挙で、過去最高位の4位を獲得した。


 8分を越える感動のスピーチや、サプライズで登場した前田敦子との抱擁などが話題を呼んでいるなか、3日たって、改めてトークアプリ755で本人が思いを語っている。


「私にとっての最後の総選挙 始まる前今までにない緊張感に襲われていました」と1位を目指した最後の総選挙に、今までとの違いを感じていたことを告白。また、「席に座ってる時心細かったけど そんな時は目をつぶってやじこめのみんなのコメントを思い出してました」と、755でのファンとの交流も心強かったという。


「モバイル4票もちゃんと自分でいれた! 初めてw」とも語り、それほどまでに必死だったことを明かした。


「13万7252票 凄すぎるよみんな 嬉しすぎたよ 皆がきっと死ぬほど頑張ってくれたんだ 私は何て幸せなんだろう(中略)一つの目標や夢に 一緒に向かって歩いてくれてありがとう 今回の総選挙 今までで一番楽しかった!」


 高橋がAKB48の第一期メンバーとして参加してからちょうど10年にあたる12月8日にAKB48を卒業する高橋にとって、総選挙の最後の思い出はすがすがしいものになったようだ。




■関連リンク

改めて総選挙を振り返った高橋みなみのトーク

「いってきます」との言葉とともに総選挙前の自撮りを投稿

4位のトロフィーを持って「皆本当にありがとう!」


※画像は、バックステージで高橋みなみと前田敦子の2ショット(新世代トークアプリ755「みなみのトーク」より)



Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。