有村架純、理想の家族を語る「ふわ~って温かい空気が流れてる」

 有村架純が6日、ブログを更新。理想の家族像について語っている。


 現在、ドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)で、倉田家の長女、七菜を演じている有村。最近は撮影現場にもだいぶ慣れたようで、「現場に行くのも、実家に帰るような気分で、みんなといるといつも落ち着くんです。現場の雰囲気も(物語の)倉田家の雰囲気も同じで、ふわ~って温かい空気が流れてるよ」と明かし、「理想の家族だなぁ」と、語った。


 また、8話では、南果歩演じる倉田家の母、珪子が涙を流す場面が。これについて有村は、「普段から笑顔でいて家族を明るくさせてくれていたお母さんが、知らないところで泣いて苦しんでる姿がとても辛かったです」と、かなり感情移入した様子。「親が泣いているところを見ると、どうしてあんなに胸が痛くなるのかな」と、自身の経験をふまえ振り返った。


■関連リンク

現場の様子と7話の感想が綴られている有村架純のブログ

映画「ビリギャル」で共演した山田裕貴の舞台を観劇した有村

有村は6話の感想もブログに綴っている


※画像は、有村がブログで公開している自撮り写真(有村架純オフィシャルブログより)



Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。