綾瀬はるか、夏帆、長澤まさみ、広瀬すず、カンヌ映画祭で美の競演

 フランスで開催中の第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されている映画「海街diary」の公式上映が14日に行われ、レッドカーペットには、劇中で4姉妹を演じた綾瀬はるか、夏帆、長澤まさみ、広瀬すずが登場した。


 同作は、吉田秋生の同名人気コミックを映画化。鎌倉に住む3人姉妹が疎遠になっていた父親の死をきっかけに、母親の異なる妹を引き取り共同生活を送る物語。


 上映後はスタンディングオーベーションが起きるなど、現地のマスコミからの反響も多かった同作。これを受け、後ほど行われた記者会見で女優陣は、「たくさんの拍手を温かくしてくださって、すごく嬉しかったです(綾瀬)」、「たくさんの人の心に何かが届いたのかなと思って、すごく嬉しかったし、監督に感謝しています(長澤)」、「本当に貴重な体験をさせていただいた。夢のような体験(夏帆)」、「改めてお姉ちゃんたちと一緒にお芝居ができたことがすごく、その作品が海外でたくさんの人に観ていただけて、ここに入れて幸せだなと思いました(広瀬)」と、それぞれ感想を語った。

ただいまです。 Photo by Suzu

A photo posted by 長澤まさみ (@masami_nagasawa) on


 また、広瀬は18日に更新したブログで、「いーーーーっぱい可愛がってくれる優しくて面白くて綺麗で素敵すぎてわたしの永遠の憧れの大好きな人達と」というコメントと共に、綾瀬、夏帆、長澤と撮影した写真を公開。初めての同映画祭に感激したようで「カンヌ歩いてたらね、外人の人や映画祭の審査員の人がね、いっぱい褒めてくれて。声かけてくれて。ビューティフォーって」と興奮気味に綴り、最後には「ビューティフォー。そんな映画です。美しく強く生きています。わたしの宝物の作品になりました」と、同映画に対する思いも綴っている。


■関連リンク

綾瀬はるか、夏帆、長澤まさみと撮影した写真が公開されている広瀬すずのブログ

2014年の仕事を振り返り、2015年に向けての意気込みを綴った広瀬

広瀬すずの姉、広瀬アリスはドラマ「妄想彼女」でヒロイン役に決定

同映画に出演している鈴木亮平のブログ


※画像は、是枝裕和監督、そして同映画に出演した4人のレッドカーペッドでの集合写真


『海街diary』

2015年6月13日(土) 全国ロードショー

(C) 2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

配給:東宝 ギャガ



Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。