大淵愛子、頭部強打によるアザを写した顔写真で、DVを疑う問い合わせ

 2月8日に、「床も靴底もツルツルだったので、スルッと滑ってしまって」と転倒による頭部強打をブログに投稿していた大淵愛子さん。その後診察を受けたところ、異常なしとのことで安静にしていたそうですが、その後、打った場所はたんこぶに。そしてそのたんこぶのアザが下がってきて目の周りが殴られたようなアザになってしまったと嘆いていました。


 しかし、そのアザの写真をブログに投稿したあとに、大淵さんの法律事務所に1本の電話が入ったそう。電話の主は匿名の女性で、「DVを受けているのではないかとネットで騒がれているようで、私はDVを受けていたので、心配になり、電話しました」と言われたとブログにつづっています。


 この報告を受けて大淵さんは、「それは、まさか!!です。彦さんは、強面ですが、心優しい人ですよ~」とハートマークをたっぷりつけて疑惑を否定。


 また、同じ電話で「『最近、元気ないね』と娘と話していたところだった」と言われたという大淵さんは、その発言の方が気にかかったよう。「元気ないことは全くないのですが、疲れが表情に出てしまっていたとしたら、TVに出る者として、良くないですね」と反省の色を見せました。


【関連リンク】

■「事務所への一本の電話(´・_・`)」大渕愛子オフィシャルブログ

■「Before After」大渕愛子オフィシャルブログ

・デイリースポーツ


※画像は、大淵愛子オフィシャルブログより

Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。