ソニンの韓国の旅は、姉経営のカフェに通いながら、菜食事情をチェック

 ソニンが、年末に訪れたという韓国旅の様子をブログにアップしている。


 記事によると、韓国を訪れた本来の目的はボイストレーニングのためだというが、そのほかにも韓国の菜食事情にも興味があったようで、多くの飲食店を訪れた様子と各店舗の詳細をまとめている。「パリの雰囲気そのまま持ってきた感じですごくオシャレ」というパン屋から、リーズナブルなのに種類が豊富なヴィーガンビュッフェレストラン、外国の著名人の訪問も多いという禅食レストランまで、さまざまなバリエーションの飲食店で菜食事情を探索したようだ。


 また、韓国在住の彼女の姉がソウル市外でカフェを経営しているようで、「姉のお家でお世話になり、毎朝彼女の経営するカフェへ出勤するのについていって、持ち込みの豆乳でラテを作り、そこから始まるのでした」と、毎朝カフェに通っていたことも告白。


 この韓国旅のレポートは、後編に続くとのことなので、興味のある方はぜひブログもチェックしてみて。


■関連リンク

ソニンの韓国旅前編は、ヴィーガン向け飲食店の詳細情報が満載

4月末には、高橋愛も夫、あべこうじの許可を得て韓国へ

夏菜は、仲良しの大島麻衣と韓国へ食の旅に


※画像は、禅食レストランでのソニン(ソニンオフィシャルブログより)

Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。