西野カナ、替え歌コメントを求めるなどファンとの交流ブログが人気

 2008年にメジャーデビューし、今や女子中高生からカリスマ的人気を誇る歌手、西野カナさん。ほぼすべての楽曲の作詞を自身で行っており、恋する女性の気持ちを代弁するような歌詞には、多くの共感の声が寄せられます。また、2009年からはじめたアメブロも、読者登録数が18万人を越えるほど注目されています。


 2015年大ヒットとなった楽曲『トリセツ』を披露したばかりの時期には、「実はこの曲を作る時に、私の友達や会社のスタッフの方にも協力してもらって、男女、年齢、いろんなタイプの人にそれぞれの"私の取扱説明書"を書いてもらいました♪」「やっぱりみんな違う内容になるのが当たり前で、じゃあ、実際の歌詞はどんなキャラクターを設定しようか悩みながら、なんとなく統計をとったものを歌詞にしています」と、この曲の作詞の様子についてブログで告白。


 ファンから寄せられた同楽曲の替え歌にちなみ、ブログでも「オリジナルトリセツ」と題した記事で替え歌を募集。その後更新したブログ記事では「コメントに書いてくれたみんなのオリジナルトリセツ、めっちゃ面白い!!最近みんなのトリセツの歌詞をメロディに合わせて歌って遊んでます」とファンとの相互関係を楽しんでいるようでした。


 年明けには、昨年訪れたというマダガスカルの思い出日記をつづっている同ブログ。今後も彼女のさまざまな面が見られるはずです。


■西野カナ オフィシャルブログ

※画像は、有線大賞で有線音楽優秀賞を受賞した際の写真(西野カナオフィシャルブログより)


■紅白で共演した
土屋太鳳と2ショット

同じ事務所に所属する土屋太鳳さんと「普段はなかなか会えないので、今日は一緒の現場で嬉しかったです」とのこと。(2016年1月1日オフィシャルブログより)


■映画『ヒロイン失格』
主演の桐谷美玲と

映画『ヒロイン失格』の試写会で『トリセツ』を歌ったそう。エンドロールで自身の曲が流れた感動を伝えています。(2015年9月16日オフィシャルブログより)

Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。