女子中高生に人気の西内まりや、ブログには熱い感情を伝える一生懸命な姿が

 2006年からモデルとしてのキャリアをスタートさせ、間もなく10年目を迎える西内まりやさん。近年ではドラマや映画出演、また歌手としての活動など、多忙な日々を送る彼女にとってブログとはどんな存在なのでしょう。その思いをつづったブログを紐解いてみましょう。


 自身が出演する映画『レインツリーの国』公開日に更新した記事では、同作でも軸となるという"ブログ"について言及し、「改めて、言葉について考えさせられました」と思いを明かしています。


 彼女曰く「私にとって、ブログはHOME」なのだそう。「2011年の9月にアメブロを書き始めた私にとってブログは唯一の心開ける場所でした」「学校生活で悩んだ時、友達関係で悩んだ時、仕事で悩んだ時、本音を話せるのはここ」「ブログの自分だけが自分らしくて、誰かのために書いてるはずの文で自分を元気付けて、、」「コメント欄には温かい言葉が並び、反応が返ってくるのが嬉しくて、言葉を共有する場所があったから、私は沢山の方に支えられ頑張ってこれた」と、彼女の生活においてブログはなくてはならないものだったようです。


 西内さんはこの記事で、昔自身が書いたブログ記事「頑張っているあなたへ。」にリンクを貼り、「グサっときたよ。4年前の自分に勇気付けられるとは!!」と振り返ってもいます。


 現在は多忙な仕事のため、なかなかブログの更新が追いつかないことに関しても「なかなか更新出来ないから”あぁ悲しい思いさせてるなぁ” とか”更新待ってくれてるのになぁ”と思いながら、よし!と書き始め手に取ったiPhoneは、気付くと顔の上に落ち」「”はぁまた今日も書けなかった…”の繰り返し。追いつけていないのが現状です」と本音をありのままに告白。しかし、西内さんがそんな風に本当の自分を明かせるのも、きっとブログだからこそなのでしょう。「私はいつでも、自分の気持ちに素直でいたい。嘘は言いたくない」と強い想いを言葉にしました。


■西内まりやオフィシャルブログ「Mariya Mania Room」

※画像は、西内まりやオフィシャルブログヘッダー


■昨年を振り返り
2016年への希望も新たに

「駆け抜けた。経験も、人生観も価値観も大きく変わった年だった」と2015年を総括。新年に向けて、「私の中の何かがフツフツしてるよ」とワクワクをにじませています。(2016年1月2日オフィシャルブログより)


■ブログに対する
熱い思いを打ち明けた

「久しぶりに書いたら書きたい言葉が溢れ出てきた!!」と、思わぬ長文ブログとなった日の記事。「このブログが愛で溢れた場所になりますように…」との願いを込めて。(2015年11月21日オフィシャルブログより)


Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。