鈴木おさむ、妻・大島美幸の芸人復帰に対する想いをつづったブログに反響

 17日の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で1年8ヶ月ぶりに芸人としてのテレビ番組復帰を果たした大島美幸さん。大島さんの夫で放送作家の鈴木おさむさん(現在テレビの作家業は育児のため休業中)が、番組オンエア前に、妻の復帰に対する想いをつづったブログ記事を投稿し、多くの読者から注目を集めています。


「ずっとずっと待っていただいた、イッテQのスタッフさん、他、レギュラー番組のスタッフさんには、夫として本当に心から感謝しております」とまず感謝を述べた鈴木さん。


 その後「もし芸人として復活するならば、スタジオ仕事ではなく、体を張った仕事で復帰してほしいと思いました」と、自身の希望を告白。大島さんは、実際番組の企画でオーストラリアへロケに行き、芸人として体を張っていたことから、読者からも「こんなに笑ったのは久しぶりでした。明日への元気につながりました」「待ちに待った大島親方復帰、家族揃って拝見しました。やっぱり、面白いお腹抱えて、涙出しながら見ました」など、絶賛のコメントが寄せられています。


 さらに、鈴木さんが脚本を手掛けた舞台「いつか遭えたら」が千秋楽を迎えたこの日。鈴木さんは、野沢直子さん×渡辺直美さんのW主演だったこの舞台に関わったことで、「あらためて僕は芸人さんが大好きなんだなと思いました」と再認識したそう。自分や大島さん、野沢さん、渡辺さんら、それぞれの実際の環境にも関わるような舞台の脚本を少し明かしたうえで、「舞台本番の一日前は、妻の誕生日で。舞台が終わった日は妻が芸人さんとして復活する日で。なんだか色んな気持ちが混じったこの数日間」と、さまざまな事柄が絡み合った日々を過ごしていたことを、感慨深げに回想しています。


■関連リンク

「ありがと??」(鈴木おさむオフィシャルブログ)

※画像は、鈴木さん脚本の舞台に出演した野沢さんと渡辺さん(鈴木おさむオフィシャルブログより)


Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。