高岡奏輔、3度目の改名について自ら考案したことを明かす

 俳優の高岡奏輔が、16日に更新したブログで、改名した名前について自ら考案したことを明かしている。


 過去3度の改名を経て今の名前に落ち着いた高岡。冒頭、「高岡です。今は奏輔になりました。この名前慣れました?まだですよね」と語った高岡は、改名について「初めて自分で名前の漢字を考えたんです」と告白。また、「凄く意味があるんだけど、それはまたいつかの機会で」と、その意味については明かさなかったものの、今後、改名についてブログで言及することはありそうだ。


 さらに、読者へ向けて「いつもコメントありがとうございます。読ませてもらって、人によって様々なイメージがあるのだなと。自分らしく。そう言ってくれる人もいました。そうですね。それが一番ピンとくる」と、メッセージを送っている。


■関連リンク

ブログには仕事現場でのエピソードも

33歳を迎え、その心中を語った高岡のブログ

現在出演中のドラマ「食の軍師」への想いを語った記事も


※画像は、高岡奏輔が自ら撮影したショット(高岡奏輔オフィシャルブログより)

Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。