覚悟の儀式「断乳」での、涙あり・感動ありのエピソードまとめ

母乳で育てているママにとって、また子供にとっても、断乳はツライ試練。アメブロで人気の公式トップブロガーさんの記事のなかから、断乳に伴うツラさや感動などをつづったエピソードをまとめました。今ツライ思いをしているママも、きっとその思いが報われるはず。


■激おこパイくれ状態

断乳1日目、「抱っことぬいぐるみで眠気を誘った」ところ、納得できないお顔をしつつも、意外とすんなり30分で眠ってくれたというマイちゃん1歳5ヶ月。しかし、断乳2日目の夜は禁断症状が出てしまったのか、「激おこパイくれ状態」でギャン泣き&ビチビチのけ反り大暴れ……。


■断乳期、夫への「恨みデスノート」

上記ブログ記事で、断乳2日目の「激おこパイくれ状態」を伝えていたブロガー・あね子さん。その状態のまま、助けを求め、上の娘の寝かしつけをしていた夫の様子をうがってみると、なんと「気持ちよさげにイビキかいてやがった」…。思わず、夫への恨みつらみをノートに書いてしまったのですが、それがのちのちある効力を発揮したそう。


■4夜連続の外散歩に死ぬ思い

「寝かしつけは必ず沿い乳。夜中も3回沿い乳。」と、完全に乳依存していた次男の断乳を決意した人気ブロガー・ホリカンさん。しかも妊娠初期のつわりと時期が重なっていたため、「食べ悪阻×妊娠初期の下痢×断乳により大暴れする乳児」の三重苦に見舞われてしまったそう。夜中の散歩が一番効果があったそうですが、死ぬかと思うほど辛かったそう。


■約7日間かけた壮絶な夜間断乳

人気ブログ「崖っぷち嫁ブログ」のkoyomeさんは、7日間もかけた断乳について、ブログにまとめてくれています。 途中、「旅行もはさみつつ」という壮絶な戦いの先にあったのは、「寝る前のミルク(フォローアップ)→絵本読み→電気消して添い寝」という理想的な寝かしつけでした。


■断乳の時に息子に読み聞かせした絵本

強めの抗生物質を飲まなければならなくなったことで、必然的に断乳時期に突入したブロガー・こめこさん。比較的すんなり断乳できたものの、「お母さんに嫌われたからおっぱいくれなくなったんだ」と思われないように、ある絵本を読み聞かせしたそう。息子には、ママの気持ちもキチンと伝わっていたようです。


Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。