人気ドラマ「コウノドリ」を見た女医・産婦人科医・研修医による感想まとめ

鈴ノ木ユウによる漫画をドラマ化した「コウノドリ」(TBS系)が人気。綾野剛さん演じる産婦人科医・鴻鳥サクラが主役の、産婦人科を舞台にした内容は、出産を経験したママを始め、多くの女性の関心を集めているようです。そんなドラマを、女医・産婦人科医・研修医としてブログを書いているみなさんはどのように見ているのでしょうか。リアルな感想をまとめてみました。


■小児科の先生に頭が下がる

産婦人科医ブロガー、きゅーさんは、「NICUの先生達は 両親の心のケアや 遠方から搬送されるケースも多いので両親が病院に通えているかどうか?さらに今回のドラマと同じ様に 場合によっては、様々な施設との連携も取らないといけない」ということを挙げ、「本当に頭が下がります」と尊敬の言葉を述べています。


■妊婦&パートナーの喫煙問題

研修医1年目のゆみきちさんは、ドラマの第二話&第三話を見て妊婦の喫煙によって、常位胎盤早期剥離(略して「早剥(ソウハク)」)になりやすくなるというお話を。また、「イチ女子のぼやき」として、妊娠した際にパートナーがが禁煙するかどうかという問題について言及しています。


■外科医的「コウノドリ」感想?

漫画が原作の「コウノドリ」。ドラマのOA前にマンガを読んだ公式トップブロガーのさーたりさんは、「漫画的な不自然な盛り上がりも、特別変わった手技も、聞いたことない稀な病気も、天才医師も出てきませんが 細かいところまでリアルで 女性はもちろん男性にも読んでもらいたい!」と太鼓判。


■当直メンバーとともに医局で視聴

当直メンバーとともに医局でドラマを見ていたという、臨場感たっぷりなブログをつづった産婦人科医きゅーさん。一緒に見ていた女医さんたちと、きゅーさんが注目している女優さんについての話で盛り上がったり、ドラマ内の先生たちの葛藤に共感したりと、充実したドラマ時間だったそうです。


■帝王切開で「1分で出産」

主役の産婦人科医・鴻鳥先生が「超高速の帝王切開手術」をする場面について触れた研修医1年目のブロガー、ゆみきちさん。実際、自身も立ち会ったことがあるという、緊急帝王切開手術。注意深く見たところ「普段のお産と決定的に違うところが3つ」あったとか。研修医の目で見るドラマは、ひと味違ったモノなのかもしれませんね。


Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。