東日本大震災から4年、ブログで複雑な心境を語る芸能人たち

 3月11日、東日本大震災から4年がたった。多くの芸能人が今日、ブログで東北に対する思いなどを綴った。


 昨年末、日本ユニセフ協会の公共CMの撮影のためスマトラ島を訪れた長谷部誠は「大震災からどのように復興してきたのか、そして10年が経った現在でも残る震災の爪痕というものを感じる為でもありました。そしてそこから東日本大震災復興に繋がる気づきなるものが少しでも感じられたらという思いもありました」と綴っている。


 また、坂上忍は「今日ばかりは、報道関係は一色でしょうね。でも、ね。ふと、おもうんです。今日という日に一色は、わかる。けど、今日という日に一色は.....当たり前じゃんってね(中略)まだ全然終わってないんだから、もっと定期的に現状を映すことができるんじゃないかって.....ね」と、報道についての疑問を投げかけた。


■関連リンク

長谷部誠のブログでは、日本ユニセフ協会の公共CMも見られる

坂上忍のブログは「あとは、自分自身でね」と締めている

Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。