アイドリング!!!武道館ラストライブにスパガ、ベイビーレイズらアイドル大集結

10月31日で解散するアイドリング!!!が、東京・日本武道館でラストライブを行った。今年で活動9年目となる彼女たちの最後の勇姿を見ようと、芸能界からもたくさんのアイドルが駆けつけた。また当日、会場に来れなかったアイドルのブログにもエールや感謝の言葉が記されている。


■前島亜美(SUPER☆GiRLS)

「一期生が本当にかっこよかった」 

アイドリング!!!メンバーとは、テレビ番組やイベントなどを通して会う機会が多かったというSUPER☆GiRLS の前島亜美。「みなさん輝いてました」としながらも、「特に一期生のお2人が本当にかっこよかった」と、初期時代からグループを支え続けた外岡えりか、横山ルリカの活躍を讃えた。さらに、同ライブを観て、決心したことについてもつづっている。


■高見奈央(ベイビーレイズJAPAN)

「負けられない先輩達」

元アイドリング!!!のメンバー・菊地亜美がプロデュースする、ベイビーレイズJAPANに所属する高見奈央。当時、メンバーにオーディションをしてもらったことを振り返りつつ、「ここから私のアイドル人生が始まったわけで(中略)それくらい大切なグループでもあり、今では負けられない先輩達」と、アイドリング!!!の存在の大切さについて熱く語った。


■青明寺浦正(風男塾)

「昨日のライブは号泣だった」

アイドリング!!!と同じく、2006年にグループを結成し、対バンイベントなどでは頻繁に顔を合わせるなど、アイドリング!!!にとってはライバル的存在であった風男塾の青明寺浦正。「戦友とも言える存在になった」というアイドルイベントでの思い出を胸に抱きながら観覧したライブは、1曲目から耐えきれず号泣してしまったそうだ。


■木下綾菜(さんみゅ〜)

「あの瞬間は凄く感動しました」

レーベルメイトとして、イベントを通じて関わりのあった、さんみゅ〜の木下綾菜。ライブ終盤、ゲストで登場した升野英知(バカリズム)がメンバーに鼻フックを仕掛けた演出について、「涙涙では終わらせないライブ。みんな笑顔になりました。これがアイドリング‼︎!さんなんだなあ」と感激。また、ライブ後半に起こった「ある出来事」について、「あの瞬間は凄く感動しました」と明かしている。


■加藤沙耶香

「現役のみんな、本当にありがとう」

2009年にアイドリング!!!を卒業した加藤沙耶香は、菊地亜美ら元メンバーたちとライブを観覧。ブログでは、現役メンバーやスタッフたちと撮影した写真を多数公開し、最後は、OBメンバーとして「現役メンバーのみんな。アイドリング!!!の楽曲を、武道館で奏でてくれて本当にありがとう」と、感謝の言葉で締めている。


■小池里奈

「アイドルのパワーがすごかった」

メンバーの外岡えりかとは、舞台「STEINS;GATE」で共演経験のある小池里奈。外岡について、「アイドルしている姿を初めて生で見ました」としたうえで、「アイドルのパワーがすごかったです。みんな本当にキラキラしてて、たくさん笑ってたくさん感動しました」と感想をつづっている。さらに、外岡と舞台で共演したときに撮影した2ショットも公開している。


■後藤夕貴(チャオ ベッラ チンクエッティ )

「愛で溢れていました」

アイドリング!!!メンバーのことを「数少ない同期のなかでもたくさん絡ませていただいていつも優しく接してくださった戦友」と語るチャオ ベッラ チンクエッティの後藤夕貴。ライブでは、イベントでコラボした曲も披露したことから、「少しでもアイドリング!!!の歴史に触れられた事が嬉しかったです」と自身との関わりを感慨ぶかげに振り返った。


■アンジュルム 福田花音

「最後のライブがんばれー!!!」

アイドリング!!!のメンバー・石田佳蓮とは仲がよく、頻繁に食事へ行っているという福田花音。熊本県でのイベントのため、「(武道館には)行けませんが、、、」としつつ、「かれんちゃん最後のライブがんばれー!!!」と、友人へ向けてエールを送っていた。


■森咲樹(アップアップガールズ(仮))

「アプガ一同、全力でエール送ります」

アイドリング!!!のメンバーとは、プライベートでの交流もあったアップアップガールズの森咲樹。当日は、仕事のためライブを観覧することはできなかったが、「アプガ一同、全力でエール送ります!!! おめでとうございます。そして、ありがとうございました」と律儀に感謝の気持ちを記している。

Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。