乳がんを告白した北斗晶に、岡本夏生、薬丸裕英らからエール相次ぐ

 乳がんを患い、24日に右乳房の全摘出手術を受けることを明らかにした北斗晶に芸能界から多数のエールが送られている。


 23日に更新したブログで、乳がんを患っていることを告白した北斗。ブログには、病名と手術を受ける旨の報告、発覚に至るまでの経緯、告知をされた際の心境から、スタッフ、ファン、家族への思い、そして乳がん検査を受けることの重要性などが長文でつづられている。これを受け、ブログにはファンからたくさんの応援メッセージがが殺到。また北斗と親交の深い芸能人たちもそれぞれのブログで、励ましのコメントをつづっている。



■岡本夏生

「自分が相棒としてあまりにも情けない」

バラエティ番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)で北斗と共演していた岡本夏生。「どれだけの恐怖と戦っていたのかと、思うと、横に毎週座っていながら、何一つとして、北斗さんの、異変に気づくことができなかった自分が、相棒として、あまりにも情けない」と悔しさをにじませた。


■薬丸裕英

「気遣いが出来る北斗さんに胸が熱くなりました」

北斗とはプライベートでも親交の深い薬丸裕英は、自身の闘病経験をもとにがん検診へ行くことを勧めた北斗に対し、「不安と恐怖の中 あれだけ各方面に気遣いが出来る北斗さんに胸が熱くなりました」とコメント。「北斗さんの恩に報いる為にも多くの皆さんに検診に行って頂きたい」と呼びかけた。


■ふかわりょう

「僕に力を与える言葉が書かれていました」

北斗が入院する前、最後の出演となった「5時に夢中!」(TOKYO MX)収録時、風邪をひいていたことを気遣われていたふかわりょう。放送後には、北斗から手紙を受け取ったことも明かし、「この状況で、スタッフや出演者に気を配るばかりか、僕に力を与える言葉が書かれていました」と北斗の優しい人柄がうかがえるエピソードを紹介した。


■小倉優子

「どうか無事に成功されますように」

小倉優子は、テレビで北斗と共演するといつも笑顔で声をかけられていたエピソードを明かし、「北斗さんの手術が、どうか無事に成功されますように」と手術の成功を祈願。さらに、北斗がブログで乳がん検査の重要性を訴えていたことを受け、「明日、私は検査の予約をします」と報告した。


■尾木直樹(尾木ママ)

「必ず復帰出来ます」

北斗が更新した長文ブログに「乳房失うという女性にしかわからない喪失感、死と向き合う恐怖。長い長いブログから震えるように伝わりました」と感想を寄せた尾木直樹。北斗の存在を「教育と子育ての分野でもなくてはならない」と評し、「必ず復帰出来ます」と祈りをこめた強いメッセージを送った。



■小林麻耶

「自分を守るため、検診に行きましょう」

映画「余命1ヶ月の花嫁」で主演の榮倉奈々をインタビューしたことをきっかけに、乳がん、子宮がん検診に行くようになったという小林麻耶。「北斗晶さんには個人的に気持ちを伝えたい」とし、女性には「自分を守るため、検診に行きましょう」と検診を受けることを呼びかけた。



 いつも元気な姿を見せていた北斗の突然の報告に戸惑う人も多かったようだが、このようにたくさんのエールが送られている背景からは、世代を超え、たくさんの人から愛されている彼女の人柄がうかがえる。


「北斗晶オフィシャルブログ」

Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。