宮澤佐江がキャス配信で、卒業を発表した倉持明日香について語る

 SNH48兼SKE48の宮澤佐江が7月18日にオープンした原宿のAmebaFRESH!Studioの公開放送に登場した。


 この日はSNH48の活動で中国にいたが、日本に帰国後すぐの放送となった。夜22:30~の放送にも関わらず集まったたくさんのファンに感激するとともに、アメスタアプリに寄せられたたくさんのコメントに喜んでいた。


 また公開放送終了後、スマートフォンによる「キャス配信」を行い、来年「王家の紋章」ミュージカルのヒロイン役に大抜擢されたことについて、「私が立つのは、歴史がたくさん刻まれている帝国劇場の舞台ということで。もう自分の口で言うのもこわいくらい(笑)。今もまだ夢みたいだなと思ってますが、ここからいろんなことを吸収して、経験して、最高な公演を刻んでいけるように頑張りたいと思っています」と自身の言葉で語った。


 そして同日卒業を発表した倉持明日香について語った宮澤。「この8年くらい一緒に活動してきたけど、悪いところがひとつもない。皆に愛されていて、その分明日香もいろんな人に愛を振りまいている」と倉持を表現。「卒業を決めたということは、この子はここじゃなくて違う場所で活動するべき存在っていうのが出てきたからであって、うらやましいしかっこいいと思います、自分の中で核が出来てるんだなって思うから」と、最近ではメンバーの卒業についてさみしいとは思わず、ステキで前向きな卒業と思えるようになったという心境の変化も話した。


■関連リンク

AmebaFRESH!Studio

AmebaFRESH!Studio Twitter


※画像は、モデルのemmaと宮澤の2ショット(AmebaFRESH!Studio Instagramより)

Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。