剛力彩芽、流れ星とともに原宿・AmebaFRESH!Studioで音楽トーク

 9月2日に4枚目のシングル「相合傘」をリリースする剛力彩芽が、お笑いコンビの流れ星とともに、原宿のAmebaFRESH!Studioオープン記念番組に出演した。


 過去にリリースしたシングル曲を振り返りつつ、音楽トークを繰り広げた3人。2013年のファーストシングル「友達より大事な人」は、ダンスも話題になった。5歳からやっているというダンスだが、「この振り、実は最初にできたものは、プロペラダンスが入ってなかったんですけど、ダンスでもみんなと一緒に楽しめるような振りを入れたいっていう話から、プロペラダンスができあがったんです」と裏話を披露。


 ニューシングルに関しては、「片思いの歌なんですけど、好きな相手から言われたらうれしい言葉みたいなのが出てくるんで、本当にキュンキュンしてほしい!相合傘って憧れますよね。もちろんノリがよくて、踊れる楽曲になっています。みんなで一緒に踊れたり、盛り上がったりできるようなダンスも考えていますよ。」と期待のできるコメント。


「片思い中の彼に言われた嬉しい一言」ということで、流れ星のふたりが選んだ台詞のどちらが剛力をキュンとさせたかを競うコーナーも。瀧上伸一郎は、「彩芽、俺にだけは、気ぃ使わなくて、ええがらな。」と訛り口調で。ちゅうえいは「例えばごうちゃんと俺がもしも結婚したらね、俺婿養子になるわけじゃん、三男だから。そうなると名前が「剛力ちゅうえい」になって完璧になるんだよね。だから剛力ちゅうえいにさしてくれんかなあ、お願いやから、さしてくれんかねえ。」と押し強めのアピール。結果は「急に彩芽って呼ばれたのドキっとした」という理由で、瀧上に軍配があがった。


  過去のシングルのMVを放送したあとには、ファンからも「これのスカートひらひらさせるとこ好きー」「みんなが真似しやすい振りつけで可愛い」とのコメントが届いていた。


■関連リンク

AmebaFRESH!Studio

AmebaFRESH!Studio Twitter




Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。