有村架純、撮影中子供に「お姉ちゃん冷たそう」と言われショック

 有村架純が、自身が主演を務める「海に降る」(WOWOW)の撮影中の様子をブログに綴った。


 先日は、親子のエキストラを50人ほど招き、撮影を行ったそうで、子供とふれあう機会があったようだ。「小さい子のパワーって計り知れないなって改めて思いました。(中略)純粋に物事を見て、こうなんだよ、ああなんだよって嬉しそうに話してくれる姿がキラッキラしてました」「どうしても経験を積んでいくと、固定概念が出てきたり、色んなしがらみを感じるようになったり、自分の幅を狭めていく場合もありますよね。」と、子供からさまざまことを学んだことを明かしている。


 ただその際に、「お姉ちゃん冷たそう!さっきから喋らないから。へへ」と子供に言われてしまったそう。しかしこの発言に、有村は「ちょっとショックだったけど笑」としながらも、「重要なシーンだったので集中していたのと 今回の役柄が、滅多に感情の沸点を見せない芯が通った女性というのもあり そう思われても仕方ないか、、と思いつつ その役の顔になってたのかな?と、少し自信が持てました ありがとう」と前向きな感想を綴っている。


■関連リンク

子供とのふれあいから学んだことが多く綴られている

有村が、雑誌「anan」の表紙を務めた際のブログ記事

「海に降る」主演決定を告げる記事


※画像は、「明日も一日頑張りますー!」と、有村(有村架純オフィシャルブログより)


Ameba Official Press

Ameba関連サービスのオフィシャルユーザー情報や、Amebaが厳選したエンターテインメントニュースをお届けします。